特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

(東海)愛知は藤川氏を斎藤嘉隆氏・里見氏追う 毎日新聞参院選総合調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で、竹内幹撮影
国会議事堂=東京都千代田区で、竹内幹撮影

 毎日新聞は、7月10日投開票の参院選に関して実施した特別世論調査に基づき、選挙区と比例代表の序盤情勢をまとめた。特別世論調査は25、26両日に行い、取材を加味して分析した。調査では、選挙区で5割弱、比例代表で3割強が投票態度を明らかにしておらず、今後情勢は変わる可能性がある。

 ◆岐阜

渡辺氏優位 追う丹野氏

 自民の渡辺氏が、厚い保守地盤に加えて推薦を受ける公明の支持層にも支えられ、幅広い年代から支持を得て優位に立っている。国民民主の丹野氏は立憲支持層などにも浸透しつつあり、元民放アナウンサーの知名度を生かして追い上げる。共産の三尾氏は、他党支持層や無党派層にどこまで浸透できるかが鍵だ。N党の坂本氏は支持に広がりを欠いている。

 ◆愛知

この記事は有料記事です。

残り2071文字(全文2391文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集