特集

猛暑と節電

記録的な高温が続く2022年の夏。電力の供給余力が乏しく、政府による7年ぶりの節電要請が出ています。

特集一覧

電力需給逼迫、東電管内で続く 午後3~6時、「未使用照明消して」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 節電のため、展示中のライトが一部消された売り場=27日午後2時48分、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店
 節電のため、展示中のライトが一部消された売り場=27日午後2時48分、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店

 東京電力管内では28日も電力需給が厳しくなる恐れがあるとして、経済産業省が電力需給逼迫注意報に基づく節電の呼びかけを続けた。午後3~6時は、エアコンは適切に活用しながら、使用していない照明を消すなど無理のない範囲での対応を求めた。経産省は同日午後に29日も注意報を継続するかどうかを判断する。

 27日には、東電、北海道電力、東北電力…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文279文字)

【猛暑と節電】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集