東京・立川市役所のシステム障害、28日も内線通じず 原因は不明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 東京都立川市は、27日午前8時半の開庁時から午後5時の閉庁時まで、市役所内の通信システムが停止するトラブルが起きたと発表した。市によると、本庁舎で内線電話やインターネットが使えなかったほか、小中学校、図書館など計約80の市関連施設でも市と通信できなくなった。本庁舎や出先機関の窓口では証明書の発行ができないなど約380人に影響が出た。

 市情報推進課によると、「コアスイッチ」と呼ばれる市の中枢システムを27日朝、起動させた際に障害が発生、再起動を行ったが復旧しなかった。民間の保守業者も加わり調べたところ、システムに接続された端末機器の1台に異常な通信があったことが判明。この端末との接続を切ったところ、28日未明、システムがおおむね復旧した。28日は開庁時間から窓口業務は正常に行われたが、本庁舎内の内線電話が使えないなどの影響が残…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文807文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集