第17回水害サミット 官民一体で防災力向上 災害への備え、意識共有(その2止)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
富士フイルムシステムサービスの長谷川道裕氏
富士フイルムシステムサービスの長谷川道裕氏

第1部・意見交換

 佐藤・中山町長 最上川に隣接した米どころだが、一昨年の豪雨で内水氾濫した。農地を遊水地に活用する際の農家への補償について教えていただきたい。

 井上・国交省水管理・国土保全局長 農地を遊水地に整備する場合、二つの方法がある。河川管理者が土地を最大限利用するために用地買収するケースと、災害時に遊水地として利用する地役権を補償するケース。後者は営農が可能で、地役権の補償費は土地価格の3割くらいだ。

 元村・論説副委員長 遊水地などの貯留対策で工夫している自治体はあるか。

この記事は有料記事です。

残り6533文字(全文6775文字)

あわせて読みたい

ニュース特集