特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

前原・福山両氏、盟友同士の「骨肉の争い」に 京都選挙区

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院選が公示され、第一声を上げる京都選挙区の候補者=京都市上京区で2022年6月22日午前9時33分、山崎一輝撮影
参院選が公示され、第一声を上げる京都選挙区の候補者=京都市上京区で2022年6月22日午前9時33分、山崎一輝撮影

 選挙戦の第一声から、その目には涙がにじんでいた。蒸し暑い梅雨空の下、大粒の汗が額に浮かぶ。「20年以上、非自民・非共産として守り抜いてきた議席。もう少し、国会で働かせてください」

 公示日の22日朝、立憲民主党現職の福山哲郎氏は、京都市上京区の交差点でマイクを握った。2017年から21年まで党幹事長を務め、5期目を目指すが、選対幹部は「今までで一番厳しい選挙だ」と危機感を募らせる。

 福山氏は16年の参院選でも、同じ場所で第一声を上げた。しかし、その時は傍らにいた「盟友」の姿が、今回はない。国民民主党の前原誠司代表代行。共に30代で初当選し、旧民主党政権の中枢を担ったが、今回は福山氏のライバルとなる日本維新の会の新人、楠井祐子氏を支援する。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1316文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集