ゴルフクラブ、元外国籍と入会拒否 「強烈な差別」司法どう判断

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
半世紀以上の歴史がある「愛岐カントリークラブ」(岐阜県可児市)の入り口=同県多治見市で2022年6月27日、兵藤公治撮影
半世紀以上の歴史がある「愛岐カントリークラブ」(岐阜県可児市)の入り口=同県多治見市で2022年6月27日、兵藤公治撮影

 元外国籍であることを理由にゴルフクラブへの入会を断られ精神的苦痛を受けたなどとして、三重県桑名市の40代男性が慰謝料など約330万円の損害賠償を求めて提訴した。29日に津地裁四日市支部で第1回口頭弁論があり、クラブ側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。国籍などを理由とした差別をなくし、多様性を尊重する社会を目指す取り組みが広がる中、私的団体であるゴルフクラブの入会制限に司法はどのような判断を下すのか。

日本国籍取得後も「外国人枠」

 「生きてきた中で一番の強烈な差別を感じた。いつになったら日本人にしてくれるのか。腹立たしさや情けなさ、悲しさなど、いろんな感情が湧いてきた」。原告の男性は言葉の端々に憤りをにじませた。

 男性は元韓国籍で、2018年に日本国籍を取得した。訴状などによると、今年2月、知人に誘われて愛岐カントリークラブ(岐阜県可児市)でプレーし、入会の手続きをした。しかしその後、クラブから電話で入会を断るとの連絡を受けた。会員数に外国人枠を設けており、日本国籍を取得した人もこの枠に含まれる▽入会規約にこうした規定はなく、理事会の決定で長年やってきている――などと説明されたという。

 男性側は「法の下の平等」を定めた憲法14条に抵触すると主張。また、紹介者になった知人らに自身の出自について説明することを余儀なくされ、精神的損害も受けたとしている。

クラブ側「雰囲気変わるのを防ぐ」

 一方、クラブ側は答弁書で、役員が「外国人・元外国人の人数を制限しており、枠が空くまで待ってほしい」と言ったが、入会を拒否すると伝えた事実はない▽男性が3月に内容証明郵便で慰謝料を請求するなどした一連の経緯を総合的に考慮し、4月の理事会で入会を認めない決定をした――などと主張。外国人枠の存在を認めた上で、入会拒否はかつての国籍だけが理由ではないとした。

 ク…

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文2078文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集