ノロウイルスとロタウイルス、唾液から感染 マウスで実験 米チーム

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノロウイルスの唾液感染の実験
ノロウイルスの唾液感染の実験

 米国立衛生研究所(NIH)などの研究チームは、マウスを使った実験で胃腸炎や下痢を引き起こすノロウイルスやロタウイルスが唾液で感染することを確認した。ヒトでは、感染者の便や吐いた物を通しての感染が知られているが、研究チームのニハール・アルタン・ボンネット・NIH上級研究員は毎日新聞の取材に、メールで「感染が唾液によって広がる可能性を示せた」と答えた。

 研究結果は、29日付の英科学誌ネイチャーに発表された。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文550文字)

あわせて読みたい

ニュース特集