「梨泰院クラス」ロケ地、戻るにぎわい コロナで再燃、韓流ブーム 呼び水に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロケ地前で写真を撮る観光客。主人公セロイが営んでいた店がそのまま残されている=韓国・ソウルでロケ地前で2022年6月18日午後1時26分、国本愛撮影
ロケ地前で写真を撮る観光客。主人公セロイが営んでいた店がそのまま残されている=韓国・ソウルでロケ地前で2022年6月18日午後1時26分、国本愛撮影

 お隣の韓国でも新型コロナウイルス禍で観光業界は大きなダメージを受けた。感染拡大はピークを過ぎ、水際対策の緩和を始めた韓国の観光関係者が起死回生に期待をかけるのが、日本でもコロナ禍の巣ごもり需要で再燃した「韓流ブーム」だ。東京・羽田から飛行機で約2時間。韓国観光公社の協力で注目のロケ地などを取材した。

この記事は有料記事です。

残り1675文字(全文1826文字)

あわせて読みたい

ニュース特集