連載

終活ナビ

毎日新聞デジタルの「終活ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

終活ナビ

次の猫をみとれるか、ためらい

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山本建 生活の窓口相談員 統括マネジャー
山本建 生活の窓口相談員 統括マネジャー

 Q 次の猫をみとれるか、ためらい

 先日20年近く一緒に暮らしていた愛猫を亡くしました。弔いを終えてしばらくすると、猫のぬくもりが忘れられず、また飼いたくてたまらなくなりました。ただ年齢的に次の子をみとるまで元気でいられるか分からずためらっています。(70代、女性)

ペット信託や「終の住み処」も

 A 一度ペットのいる暮らしを経験した方の多くが、その存在を抜きにしては日々の喜びを感じられなくなってしまうという話を聞きます。ただし、犬や猫の場合、寿命は長いと15年以上にもなり、元気で世話をできるかは分かりません。生活の窓口では、無責任にペットを飼い始めることができないとお悩みの声をいただくことがあります。

 動物愛護法の改正で、所有者の責務として「終生飼養」が努力義務として明記され、自治体や民間団体の取り組みによって里親制度が徐々に浸透し、飼えなくなったペットが捨てられて殺処分になる件数は大幅に減っています。高齢で飼えなくなったとしてペットを引き取ってもらうのは難しくなってきていますし、それ以前に残念な話です。それなら飼育期間が短い成犬や成猫を飼えばいいという考え方もできますが、里親になるには団体ご…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文1079文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集