OSK100周年 ミュージカル「陰陽師 闇の貴公子〓安倍晴明」 京都・南座

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京都・南座の公演に向け意気込むOSK日本歌劇団のトップスター、楊琳(前列中央)ら劇団員=京都市内で2022年5月5日午後1時46分、反橋希美撮影
京都・南座の公演に向け意気込むOSK日本歌劇団のトップスター、楊琳(前列中央)ら劇団員=京都市内で2022年5月5日午後1時46分、反橋希美撮影

「楊琳だからできる晴明」を

 OSK日本歌劇団は創立100周年記念公演として、京都市東山区の南座でミュージカル「陰陽師 闇の貴公子〓安倍晴明」(北林佐和子作・演出)を上演する。OSKが近鉄の傘下だった2001年に初演され、ファンの間で「名作」と名高い「闇の貴公子」の再演。トップスターの楊琳(やんりん)は「壮大な物語で、挑戦させてもらえるのがありがたい。OSKのターニングポイントになる」と意気込み十分だ。

 夢枕獏の人気小説「陰陽師」シリーズが原作。あやかし(妖怪)が人と隣り合わせにある都を舞台に、陰陽師の安倍晴明(楊)が、親友の源博雅(翼和希)と敵の野望に立ち向かう。物語を動かす茨姫を娘役トップスターの舞美りらと千咲(ちさき)えみがダブルキャストで演じる。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文763文字)

あわせて読みたい

ニュース特集