山形の投票率、なぜ高い 国政選挙、全国4連覇に挑戦 実直な県民性/根付く「家族で選挙」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
前回衆院選で投票する山形県の有権者。今夏の参院選でも高投票率を目指す=山形市で2021年10月、山下俊輔撮影
前回衆院選で投票する山形県の有権者。今夏の参院選でも高投票率を目指す=山形市で2021年10月、山下俊輔撮影

 最近の国政選挙投票率が戦後最低の水準に落ち込む中、山形県は2021年の衆院選まで3回連続で全国1位の座を守り続けている。有権者の声を政治に届けるためにも1票の行使は欠かせず、各自治体は投票率アップに向けて苦心している。今夏の参院選で“4連覇”に挑む山形県は、なぜ高投票率を維持できるのか。

この記事は有料記事です。

残り1835文字(全文1980文字)

あわせて読みたい

ニュース特集