特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

サハリン2、ロシア主体の新会社へ プーチン氏が大統領令に署名

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領は6月30日、日本企業も出資する極東サハリンの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の権益や資産を引き継ぐ新たな運営会社をロシアに設立する大統領令に署名した。露政府が認めた場合は外国の出資者は新会社の株式を維持できるが、詳しい条件は不明で、日本企業が撤退を余儀なくされる可能性がある。

 ロシアメディアによると、サハリン2への出資者は過去の出資比率に応じた新会社の株式を受け取る同意書を1カ月以内に露政府に提出しなければならない。その後、露政府は同意を受け入れるか拒否するかを判断する。拒否した場合、売却金をロシア国内に作られる特別口座に振り込む。ただし出資者のこれまでの活動がロシアに「損失」をもたらしたとみなせば、その額を算出して振込額から減額するとしている。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文901文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集