特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ情勢まとめ

ロシア軍が黒海沿岸のズメイヌイ島から撤退(7月1日)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ズメイヌイ島の衛星写真=2022年6月21日撮影、マクサー・テクノロジーズ提供・ロイターA satellite image shows an overview of Snake Island, Ukraine, June 21, 2022. Maxar Technologies/Handout via REUTERS ATTENTION EDITORS - THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. NO RESALES. NO ARCHIVES. MANDATORY CREDIT. DO NOT OBSCURE LOGO. 拡大
ズメイヌイ島の衛星写真=2022年6月21日撮影、マクサー・テクノロジーズ提供・ロイターA satellite image shows an overview of Snake Island, Ukraine, June 21, 2022. Maxar Technologies/Handout via REUTERS ATTENTION EDITORS - THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. NO RESALES. NO ARCHIVES. MANDATORY CREDIT. DO NOT OBSCURE LOGO.

 ウクライナ軍は6月30日、ロシア軍が占領していた黒海沿岸の要衝ズメイヌイ島から露軍の部隊が撤退したと発表した。バイデン米大統領は、ウクライナに対して防空システムを含む約8億ドル(約1000億円)規模の支援を実施する方針を表明。ウクライナ情勢を巡る日本時間7月1日などの動きをまとめた。【デジタル報道センター】

ロシア軍が黒海沿岸のズメイヌイ島から撤退

 ウクライナ軍は6月30日、ロシア軍が占領していた黒海沿岸の要衝ズメイヌイ島をミサイルで攻撃し、露軍の部隊が撤退したと発表した。「ミサイルと砲撃で島が炎上し、敵は慌てて逃げ出した」としている。一方、ロシア国防省は30日の発表で撤退を認めた上で、ウクライナ産穀物の輸出に向けた国連の活動に協力するためだと主張した。

 ロシア軍は侵攻開始直後の2月24日にズメイヌイ島を占拠したが、両軍にとって黒海の制海権を握るための重要な拠点で、激しい攻防が続いていた。【関連記事】ロシア軍がズメイヌイ島から撤退 「ミサイルと砲撃で島炎上」 

記者会見したバイデン米大統領=スペイン・マドリードで2022年6月30日、ロイター 拡大
記者会見したバイデン米大統領=スペイン・マドリードで2022年6月30日、ロイター

バイデン氏、ウクライナに1000億円軍事支援表明

 バイデン米大統領は6月30日、スペイン・マドリードであった北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の閉幕後、記者会見に臨んだ。「歴史的なサミットだった。ロシアの脅威と中国による国際秩序への挑戦に立ち向かうために同盟の力を結集させた。NATOの領域を隅々まで守り抜く」と強調。ウクライナに対し、近く防空システムを含む約8億ドル(約1000億円)規模の支援を実施する方針を明らかにした。【関連記事】バイデン氏、ウクライナに1000億円軍事支援を表明

捕虜交換で144人がウクライナへ帰還 侵攻後最多

 ウクライナ政府は6月29日、ロシア側との捕虜交換で144人のウクライナ兵が帰還したと明らかにした。南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所での抵抗の末に投降したウクライナ兵95人も含まれ、うち43人はウクライナ政府傘下の戦闘部隊「アゾフ大隊」のメンバーだという。

 ウクライナ国防省などによると、捕虜交換は2月のロシアの侵攻開始以降、最大規模。解放された捕虜は19~65歳で、大半が重傷を負っているという。【関連記事】ウクライナ、捕虜交換で144人帰還 重傷者も 侵攻後「最多」 

モスクワを訪れたインドネシアのジョコ大統領と握手をするロシアのプーチン大統領(右)=2022年6月30日、ロイター 拡大
モスクワを訪れたインドネシアのジョコ大統領と握手をするロシアのプーチン大統領(右)=2022年6月30日、ロイター

インドネシア大統領がプーチン氏と会談

 ロシアのプーチン大統領は6月30日、今年の主要20カ国・地域(G20)議長国であるインドネシアのジョコ大統領とモスクワで会談した。ジョコ氏は前日に会談したウクライナのゼレンスキー大統領からの書簡をプーチン氏に渡したことを明かした。

 ジョコ氏は29日にウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ゼレンスキー氏と会談。ロシア側との和平交渉の開始を求め、「ゼレンスキー氏のメッセージをプーチン氏に伝達する役割を申し出た」という。【関連記事】インドネシア大統領、プーチン氏と会談 ゼレンスキー氏書簡渡す

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集