AIが水難事故防止 3年ぶり海開きの鎌倉・由比ガ浜に登場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
AIを活用し、離岸流や遊泳者の状況を知らせる「海辺のみまもりシステム」=日本ライフセービング協会提供
AIを活用し、離岸流や遊泳者の状況を知らせる「海辺のみまもりシステム」=日本ライフセービング協会提供

 神奈川県藤沢市、鎌倉市、逗子市、葉山町の海水浴場で1日、海開きが行われ、湘南の海は夏本番を迎えた。

 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの海開きとなった鎌倉市の由比ガ浜海水浴場では、AI(人工知能)で危険な離岸流を察知し、遊泳者やライフセーバーに通知する「海辺のみまもりシステム」が県内で初めて導入された。海の家では海中でも分解される生分解性素材を使ったフォークやスプーンを全国で初めて取り入れ、環境に配慮した先…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

ニュース特集