特集

埼玉|第26回参院選

2022年夏の参院選・埼玉県に関するニュースをまとめています。

特集一覧

参院選2022

コロナ対策、社会保障…重視するのは? 18歳、選挙前に模擬投票 考えが近い政党模索 いずみ高校 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
各党と自分の意見の一致度が分かる「ボートマッチ」の質問に答える生徒らと華井裕隆教諭(中央奥)=さいたま市で2022年6月30日、岡礼子撮影
各党と自分の意見の一致度が分かる「ボートマッチ」の質問に答える生徒らと華井裕隆教諭(中央奥)=さいたま市で2022年6月30日、岡礼子撮影

 参院選への関心を高めようと、県立いずみ高校で、ネットの模擬投票が行われている。全校生徒を対象に、学校の専用サイトで8日まで実施。パソコンやスマートフォンから埼玉選挙区(改選数4)の候補者15人、比例代表に届け出た15政党へそれぞれ投票できる仕組みだ。【岡礼子】

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文985文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集