連載

翔べ!!V・ファーレン

長崎のサッカーを取材し、専門誌などにも執筆する長崎在住の藤原裕久さんがV長崎の情報を伝えます。

連載一覧

翔べ!!V・ファーレン

サッカー カリーレ新監督の大仕事 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「大きな仕事が始まると思っています」

 そう語る表情には自信と決意、そして、どこか楽しむような雰囲気があった。6月12日の監督交代発表から約2週間後の27日、V・ファーレン長崎はファビオ・カリーレ新監督の就任会見を開いた。

 母国のブラジルでもリーグ優勝経験を持つ48歳の指揮官は、会見で一つ一つの質問に対して丁寧に答えていく。「一番好きなのは4―2―3―1のフォーメーションです」「まずはチームや選手を理解しなければならないと思います」「良いトレーニングができなければ、良いゲームはできない」

 そうして、約50分の質疑応答が終わろうとする頃、こう言ってほほえんでみせた。「長崎の歴史に名前を刻みたい」。理論派で明るい自信家。そんな新監督の人物像がその言葉から十分に感じられた。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文703文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集