特集

猛暑と節電

記録的な高温が続く2022年の夏。電力の供給余力が乏しく、政府による7年ぶりの節電要請が出ています。

特集一覧

全国493地点で真夏日 京都市中京区では38.6度

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
猛暑日を記録する暑さの中、日傘を差して歩く人たち=福岡市博多区のJR博多駅前で2022年7月2日午後2時12分、平川義之撮影
猛暑日を記録する暑さの中、日傘を差して歩く人たち=福岡市博多区のJR博多駅前で2022年7月2日午後2時12分、平川義之撮影

 日本列島は東北南部から西日本を中心に2日も広く高気圧に覆われ、気象庁によると、午後2時時点で全国493地点で30度以上の真夏日となった。

 同庁によると、午後3時までに、京都市中京区で38・6度を記録したほか、福島県伊達市で38・4度▽鳥取市で38・3度▽前橋市で38・2度――など、いずれも猛暑日と…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文220文字)

【猛暑と節電】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集