特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

宝塚ワールド

宝塚宙組「カルト・ワイン」開幕 青年の野心と希望、みずみずしく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
Takarazuka
Takarazuka

 宝塚歌劇宙(そら)組公演のミュージカル「カルト・ワイン」が2日、大阪市北区の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで始まった。米ニューヨークで、ビンテージワインを偽造しコレクターを手玉に取った詐欺師の物語。入団14年目、男役として脂の乗る桜木みなとが青年の野心と希望をみずみずしく描き出している。

 21世紀初頭、ニューヨークのワイン・オークション会場。若きコレクターのカミロ(桜木)が逮捕される場面で幕が開く。カミロが高級ワインとして売りさばく品は、安ワインやスパイスを調合したもの。本当の名をシエロといい、10年前に貧困と死が隣り合わせの中米ホンジュラスから、友人のフリオ(瑠風輝(るかぜひかる))と逃げてきたのだった。

 なぜ不法滞在者のシエロがワインに目を付け、被害総額1億ドルのスキャンダルを起こし得たのか。夢を持てなかった青年が人との出会いで、ほろ苦くもたくましく成長する様を描く。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文868文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集