玉川奈々福さんのチーム「おかげ座」で浪曲公演 山田奉行所記念館など訪問 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「亀甲縞の由来」をうなる奈々福さん=三重県伊勢市の「おかげ座」で2022年6月18日、伊勢市観光誘客課提供
「亀甲縞の由来」をうなる奈々福さん=三重県伊勢市の「おかげ座」で2022年6月18日、伊勢市観光誘客課提供

 さまざまな分野のアーティストを招く伊勢市の「クリエーターズ・ワーケーション プロジェクト」に、浪曲師の玉川奈々福(たまがわななふく)さんのチーム3人が参加した。滞在期間中、3人は浪曲や講談、歌舞伎の演目にゆかりのある市内の旧跡などを訪れ、伊勢神宮のお膝元、おかげ横丁の「おかげ座」で、地域由縁の浪曲を公演した。

 一行は、筑摩書房の編集者から浪曲師に転身した奈々福さん、弟子の玉川奈みほさん、三味線で合いの手を入れる曲師の沢村まみさん。6月15~21日の1週間、市内に滞在した。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文880文字)

あわせて読みたい

ニュース特集