連載

永遠と横道世之介

「横道世之介」シリーズの第3作で、本編の完結編。38歳になり、フリーのカメラマンとして暮らしている世之介の日常がつづられる。

連載一覧

永遠と横道世之介

/222 吉田修一 写真・王秉蒼

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 二千花がこの出来事を、ふと思い出したのは、その当日の夜、さて寝ようかとベッドに入ったときである。

 真妙さんの取材は午前中だったので、それが終わってしまえば、いつもと変わらぬ一日で、午後は財団法人となっているボランティア団体の手伝いに明け暮れ、帰りに行きつけのクイックマッサージで首を揉(も)んでもらい、夕食の買い物をして帰宅すると、母を手伝って天ぷらを揚げながら父の帰宅を待っての夕飯となった。

 その後、テレビを見ている時も、風呂に浸(つ)かっている時も、まったくといって良いほど思い出すこともなかったのだが、なぜかベッドに入って、さて寝ようと目を閉じた途端、

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文865文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集