バス転換方針 富良野-幾寅間 「鉄道存続」考えよう 「国鉄」塗装の臨時列車 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
臨時列車として走った、国鉄時代を再現して塗装されたキハ40=北海道富良野市で
臨時列車として走った、国鉄時代を再現して塗装されたキハ40=北海道富良野市で

 JR北海道が廃止とバス転換の方針を示しているJR根室線の富良野―幾寅間で2日、国鉄時代に製造された気動車を臨時列車として走らせるイベントが開かれた。企画した地元住民の団体「富良野鉄道未来の会」で事務局を務める松原良成さん(52)は「廃線ありきではなく、住民が鉄道の活用法を考えるきっかけになれば」と願った。

 イベントには神奈川県や愛知県などから駆け付けた鉄道ファンら約80人が参加。国鉄時代を再現して赤とベージュに塗装された2両編成のキハ40に乗り込み、午前9時ごろに富良野駅を出発。2016年の台風被害の影響で不通が続く東鹿越―幾寅間は観光バスで往復し、午後3時半ごろに富良野駅に戻った。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文584文字)

あわせて読みたい

ニュース特集