特集

愛知|第26回参院選

2022年夏の参院選・愛知県に関するニュースをまとめています。

特集一覧

参院選2022

中盤情勢 毎日新聞総合調査 藤川氏先行、斎藤嘉氏追う 広沢、伊藤孝、里見氏が横一線 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 10日投開票の参院選を巡り、毎日新聞は2、3の両日、2回目の特別世論調査を実施し、取材結果も踏まえて中盤情勢を分析した。愛知選挙区(改選数4)は、自民現職がリードを保ち、立憲民主現職、日本維新の会新人、国民民主現職、公明現職が追う展開。維新、国民民主、公明の3候補は横一線で並び、激しく競り合っている。ただ、投票先を決めていない有権者は約4割に上り、情勢が流動化する可能性もある。【酒井志帆】

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1285文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集