KDDI障害、3915万回線 復旧作業40時間 社長陳謝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 通信大手KDDI(au)は3日、2日未明から続いた全国規模の通信障害の復旧作業を完了したと明らかにした。ただ、3日夜になっても一部で音声通話がつながりにくい状況が継続。復旧作業に約40時間を要し、影響は最大約3915万回線に上った。高橋誠社長は3日、緊急の記者会見を開き「多大なご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝罪。異例の大規模障害となったことで、総務省は厳しい行政指導を検討していく。

 通信障害は2日午前1時35分ごろに発生した。3日も同社が提供する「au」や格安ブランド「UQモバイル」「povo」といった携帯電話サービス、楽天モバイルのほか、KDDIの通信回線を利用する他社回線で通話やデータ通信がつながりにくい状態に陥った。119番や110番の緊急通報も利用しづらくなり、物流や自動車、航空といった幅広い分野の通信サービスでも支障が出た。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文931文字)

あわせて読みたい

ニュース特集