ブラジル大統領選まで3カ月 劣勢現職「ばらまき」戦術 貧困層に現金、元職支持層切り崩し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ボルソナロ大統領=ロイター
ボルソナロ大統領=ロイター

 10月2日に投票される南米ブラジルの大統領選まで3カ月を切った。現状は再選を狙う極右のボルソナロ大統領(自由党)と左派のルラ元大統領(労働者党)による事実上の一騎打ちの構図で、世論調査ではルラ氏の優勢が続く。新型コロナウイルス対策の不備や景気悪化で支持率が低迷するボルソナロ氏は、貧困層向けの現金給付策で挽回を図るが、功を奏すのか。

 ボルソナロ氏は2021年11月に市民への現金給付策「アウシリオ・ブラジル(ブラジル救済)」を始めた。ルラ氏が大統領時代の03年10月に導入した現金給付策「ボルサ・ファミリア(家族の財布)」に似た制度だ。

この記事は有料記事です。

残り1772文字(全文2041文字)

あわせて読みたい

ニュース特集