特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を決めたサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

サッカー日本代表 ぐうたらでも貪欲、上田の原点 森保Jエース候補 恩師が語る高校時代

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鈴木監督
鈴木監督

 サッカー日本代表FW上田綺世(あやせ、23歳)を、かつての恩師は「ちょっとぐうたら」と振り返る。11月開幕のワールドカップ(W杯)でメンバー入りを狙う次代のエース候補の持ち味は、相手DFの裏へと抜け出す鋭い飛び出しだ。その原点は、高校時代にある。

 上田は中学時代まで所属していたJ1鹿島の育成組織でユースに上がれず、茨城・鹿島学園高に進んだ。同校の鈴木雅人監督にとって、初めて見た中学3年当時の印象はそれほど強烈ではない。今でこそ182センチ、76キロの堂々とした体つきだが、当時は170センチに満たず、線も細かった。「中学時代はFWやボランチをやっていて。下手ではなかったけど、これほどになるとも思っていなかった」

 高校でトントン拍子に成長したわけでもない。「プレーにムラがあり、『練習が大好き』でもない。ピッチ外ではいたって温厚で、ちょっとぐうたらで……」と笑う恩師だが、他の選手と比べて際立つ部分を感じた。「得点への貪欲さ」だ。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1127文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集