産官学連携でプラスチックの回収活動を進化 市民参加促す 鎌倉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
生分解性プラスチック製の「しげんポスト」。鮮やかなグリーンが目印=神奈川県鎌倉市役所で2022年7月4日午前11時27分、因幡健悦撮影
生分解性プラスチック製の「しげんポスト」。鮮やかなグリーンが目印=神奈川県鎌倉市役所で2022年7月4日午前11時27分、因幡健悦撮影

 神奈川県鎌倉市で4日、資源循環型の都市システム構築を目指すプロジェクト「リサイクリエーション プラス」が始まった。シャンプーなどの詰め替えパックを回収し、大型3Dプリンターで植物プランターやベンチなどの公共物に再生する試み。「しげんポスト」と名付けられた回収ポストにパックを入れると、リサイクルマーケットなどで使える地域通貨がもらえるようにし、市民参加を促…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

ニュース特集