市長と意見交換「伊賀と連携を」 11委員ら地域活力創生会議 名張 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三重県名張市の戦略について市に提案する委員たち=同市元町で、久木田照子撮影
三重県名張市の戦略について市に提案する委員たち=同市元町で、久木田照子撮影

 名張市の施策を市民らが提言する2022年度の地域活力創生会議が1日、名張市元町のテレワーク用レンタルスペース「FLAT BASE(フラットベース)」で開かれた。研究者や、まちづくりに関わる委員11人が、人口減少などの課題を中心に北川裕之市長らと意見を交わした。

 会場は旧市街地の町家を改装した施設。3月のオープン以来、まちづくり活動に取り組む若い世代が集まっており、会議ではこの活動にも触れられた。

 前半は、市の担当者が市民意識調査や市の総合戦略を説明。15~29歳の転出超過が続く状況などを説明した。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文522文字)

あわせて読みたい

ニュース特集