米中対立「新前線」独自の安保 南の島、したたか外交

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
噴火と津波から1カ月以上たっても、トンガの住民らはがれきの片付けなどに追われた=2月26日、オーストラリア軍提供・AP
噴火と津波から1カ月以上たっても、トンガの住民らはがれきの片付けなどに追われた=2月26日、オーストラリア軍提供・AP

 米中対立が激化する中、その新たな「前線」として南太平洋の島々に注目が集まっている。影響力拡大を図る中国に対し、米国や近隣のオーストラリア、ニュージーランド(NZ)、日本が警戒を強める。ただ、専門家からは「島しょ国の成り立ちや大国と異なる安全保障観を理解しなければ、どの国も対応を見誤る」との指摘も聞こえる。南の島の本音とは何だろうか。

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2052文字)

あわせて読みたい

ニュース特集