円安急進、企業想定とずれ 収益圧迫の恐れ 日銀調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日銀は4日、企業が2022年度に想定している円ドル相場に関する調査結果を発表した。今春から続く円安傾向を受け、平均は3月の前回調査に比べ7円03銭円安・ドル高の1ドル=118円96銭となった。ただ足元で一時1ドル=137円台まで進んだ約24年ぶりの円安・ドル高水準とは大きなずれがあり、業績を揺さぶるリスクになりそうだ。

 日銀は、1日に公表した6月の企業短期経済観測調査(短観)の一環として、企業が想定する円ドル相場を業種別に調べた。全国9313社を対象とし、回答期間は5月30日から6月30日だった。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文628文字)

あわせて読みたい

ニュース特集