特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

社民・福島党首「9条は改悪させない」 参院選公約

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える社民党の福島瑞穂党首
インタビューに答える社民党の福島瑞穂党首

 7月10日投開票の参院選が公示され、各党は論戦を繰り広げている。社民党の福島瑞穂党首に、掲げる公約や目標議席などについて聞いた。

 ――参院選の位置付けは。

 ◆得票率2%を獲得できなければ、公選法上の政党要件を失う。生き残れるかどうか正念場の選挙だ。頑固に平和や暮らしを訴える。

 ――岸田政権をどう見るか。

 ◆首相の経済政策「新しい資本主義」は労働法制の規制強化や社会保障の充実がなく、古い資本主義だ。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文424文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集