特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

野党系の「牙城」新潟、共闘にほころび 自民にくすぶる「裏金問題」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
街頭演説に耳を傾ける有権者ら=新潟市中央区で2022年7月4日午後2時50分、内田帆ノ佳撮影
街頭演説に耳を傾ける有権者ら=新潟市中央区で2022年7月4日午後2時50分、内田帆ノ佳撮影

 参院選の改選議席が1人に減った2016年以降、2度の選挙で無所属の野党統一候補が自民党現職に連勝した新潟選挙区。野党の候補者一本化が全国で11選挙区にとどまる中、今回も立憲民主党、共産党、社民党や連合新潟による選挙協力が実現した。だが、今回は5月の新潟県知事選で野党候補が大敗した余波で「共闘」にほころびも見え、野党系の「牙城」でも防戦に追われている。

 新潟選挙区には今回、4人が立候補し、4選を目指す立憲現職の森裕子氏=社民推薦=と、元新潟県議で自民新人の小林一大氏=公明党推薦=が事実上の一騎打ちを展開している。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1360文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集