特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ「復興に7500億ドル必要」 没収ロシア資産の充当訴える

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スイスで開かれているウクライナの復興に向けた国際会議に出席し、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長(左)らと話すウクライナのシュミハリ首相(右)=4日、ロイター
スイスで開かれているウクライナの復興に向けた国際会議に出席し、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長(左)らと話すウクライナのシュミハリ首相(右)=4日、ロイター

 ウクライナのシュミハリ首相は4日、スイス南部ルガノでウクライナの復興に向けた国際会議に出席し、ロシアによる軍事侵攻からの復興計画に「推定で7500億ドル(約101兆7000億円)の資金が必要になるだろう」と述べた。ロイター通信などが伝えた。

 シュミハリ氏は「ロシア当局がこの血なまぐさい戦争を引き起こした。彼らはその責任を負うべきである」と強調。復興の資金源として、欧米などからの経済制裁で凍結されているロシア政府やプーチン政権に近い新興財閥「オリガルヒ」の資産を充てるべきだと訴えた。シュミハリ氏によると、こうした凍結資産は推定で3000億~5000億ドルに上るという。

 一方、同会議に出席した欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は、ロシアによる侵攻開始後、EUがウクライナに対し、約62億ユーロ(約8770億円)の財政支援を行ったとし、「(支援は)さらに増えるだろう」と語った。

 ウクライナ、スイスの両政府が主催した同会議は5日、復興に向けた一連の原則をまとめた「ルガノ宣言」を採択し、閉幕した。日米欧を含む約40カ国とEUなどの国際機関が参加し、オンラインで出席したウクライナのゼレンスキー大統領が「ウクライナの復興は民主主義世界全体の共通の課題だ」と支援を呼びかけた。【念佛明奈】

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集