トランプ氏批判の議員に「殺害予告」 共和党を占う異例の選挙戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米西部ワイオミング州シャイアンで、インタビューに応じるランドン・ブラウン州下院議員=2022年6月20日、秋山信一撮影
米西部ワイオミング州シャイアンで、インタビューに応じるランドン・ブラウン州下院議員=2022年6月20日、秋山信一撮影

 米国で8月、共和党のドナルド・トランプ前大統領(76)と党内最大の政敵が「対決」する選挙が実施される。舞台は全米50州で人口が最少(約58万人)の西部ワイオミング州。鉱業や農牧業、観光が主要産業の別名「カウボーイ・ステート」で何が起きているのか。【シャイアン(ワイオミング州)で秋山信一】

 2022年2月12日夜、共和党の州下院議員、ランドン・ブラウン氏(35)に一本の電話があった。スマートフォンの画面には約1500キロ離れた南部テキサス州からの着信だと表示されていた。「また嫌がらせか」。放置すると、男の声でメッセージが残された。「おまえの顔を切り裂いて、犬に食わしてやる」。殺害を示唆する直接的な脅迫は初めてだった。

 その日の朝にも同じ男の声で「トランプ大統領に敬意を示せ。今すぐ議員を辞めろ」とのメッセージがあった。「テキサスは遠い。本当に来るわけがない」と平静を装おうとしたブラウン氏だが、妻に「電話番号なんかあてにならない。まさに今、家の外にいるかもしれない」と注意されて怖くなり、地元の警察当局に相談した。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1852文字)

あわせて読みたい

ニュース特集