リリー・フランキーさん おでんくんの原風景・旦過市場への思い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旦過うどんを訪れたリリーさん(右)と、水上さん=北九州市小倉北区で2022年6月28日午後6時10分、山田宏太郎撮影
旦過うどんを訪れたリリーさん(右)と、水上さん=北九州市小倉北区で2022年6月28日午後6時10分、山田宏太郎撮影

 100年以上の歴史がある旦過市場(北九州市小倉北区)には個性豊かな名物店が並び、火災後もそのファンらが訪れ市場の復興を応援している。アーケード通りの「旦過うどん」もその一つ。手打ちうどんと並ぶ名物が店頭の大鍋のおでんだ。旦過のおでんは北九州市出身のイラストレーター、リリー・フランキーさんの絵本「おでんくん」のルーツでもある。

 リリーさんは北九州市を訪れると、たびたび旦過うどんに立ち寄っており、店主の水上桂子さん(56)とも親しい。店の大鍋には餅巾着(もちきんちゃく)に顔の焼き印が入った“リアルおでんくん”が浮かんでいる。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1033文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集