九州北部豪雨5年、遺族ら冥福祈る 台風上陸で追悼式は中止に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九州北部豪雨から5年を迎え、母子ら3人が亡くなった民家跡で手を合わせる遺族ら=福岡県朝倉市で2022年7月5日、矢頭智剛撮影
九州北部豪雨から5年を迎え、母子ら3人が亡くなった民家跡で手を合わせる遺族ら=福岡県朝倉市で2022年7月5日、矢頭智剛撮影

 福岡、大分両県で40人が死亡した2017年7月の九州北部豪雨から5日で5年になった。被災地ではこの日、台風4号の上陸に伴って追悼式が中止になるなど影響が出たが、住民らは雨の合間を縫って家族が亡くなった自宅跡などに花を手向けて手を合わせた。

 33人が死亡し、2人が行方不明になるなど最も被害が大きかっ…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集