特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

ヤクルト高津監督「高橋は課題が出た」 巨人打線に初回つかまる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ヤクルトの高津臣吾監督=神宮球場で2022年3月29日、梅村直承撮影
ヤクルトの高津臣吾監督=神宮球場で2022年3月29日、梅村直承撮影

 〇巨人4―1ヤクルト●(5日・東京ドーム)

 ヤクルトが逆転負け。先発の高橋奎二投手が一回に巨人打線につかまった。優勝へのマジックナンバーは「51」のまま。高津臣吾監督の試合後のコメントは次の通り。

 ヤクルト・高津監督

 ――高橋投手の立ち上がりが痛かった。

 ◆ちょっと不運なヒットもあったが、立ち上がりがあんまり得意なピッチャーではないので、課題のところが出た。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文532文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集