アカウミガメが三保の浜で産卵 静岡5年ぶり /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
静岡市清水区の三保海岸で発見されたアカウミガメの卵=同市環境創造課提供
静岡市清水区の三保海岸で発見されたアカウミガメの卵=同市環境創造課提供

 静岡市は4日、同市清水区の三保海岸の砂浜で、絶滅の恐れがあるアカウミガメの卵を134個確認したと発表した。アカウミガメの産卵が市内で確認されるのは2017年7月以来、実に5年ぶりという。

 市によると、産卵が確認されたのは6月30日午後4時ごろ。県静岡土木事務所から「工事中に砂浜でアカウミガメの足跡…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

あわせて読みたい

ニュース特集