防災兼ねキャンプ推進 加西市、アウトドアメーカーと協定 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
協定を結んだ柴田茂樹社長(左)と西村和平市長。手前は気球マークが入ったふるさと納税返礼品のロゴスコーポレーション商品=兵庫県加西市で、阿部浩之撮影
協定を結んだ柴田茂樹社長(左)と西村和平市長。手前は気球マークが入ったふるさと納税返礼品のロゴスコーポレーション商品=兵庫県加西市で、阿部浩之撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大によるアウトドアブームや度重なる自然災害を受け、加西市は大阪市のアウトドアメーカー「ロゴスコーポレーション」と地域活性化の包括連携協定を結んだ。キャンプ用品の普及による災害時への備えや、アウトドア商品を返礼品にしたふるさと納税などを進める。

 1928年創業のロゴス社は船舶用品などを扱っていたが、80年代からアウトドア用品の販売に力を入れている。近年は自治体とのタイアップも進め、京都府城陽市や高知県須崎市で総合レジャー施設を相次いでオープンさせ…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

ニュース特集