サッカー J1 神戸2-1清水 神戸、目標「バルサ化」から「J1残留」 今季3度の監督交代劇で変更

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【神戸-清水】後半、大迫(左)がゴールを決める=滝川大貴撮影
【神戸-清水】後半、大迫(左)がゴールを決める=滝川大貴撮影

 (第20節・6日)

 神戸は9、川崎は1。これは、ここ5シーズンの延べ監督数だ。もはや恒例となったJ1神戸の監督交代劇は、今季だけで3度目となった。困った時はこの人と言わんばかりに、吉田孝行監督がシーズン途中に着任するのも3度目。「アジアナンバーワンクラブ」を目標に掲げ、Jリーグ最大の人件費を投じながら迷走が続いている。

 6日はホームに勝ち点3差で一つ順位が上の清水を迎えた。序盤にMF汰木(ゆるき)康也のボレーシュートで先制。その後も優位に展開したが、相手のロングパスから一瞬の隙(すき)を突かれて失点した。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1407文字)

あわせて読みたい

ニュース特集