広島県内の学校用PC入札で談合か NTT西などに排除措置命令へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公正取引委員会の看板。公正取引委員会などが入る中央合同庁舎第6号館B・C棟で=東京都千代田区霞が関で2019年、本橋和夫撮影
公正取引委員会の看板。公正取引委員会などが入る中央合同庁舎第6号館B・C棟で=東京都千代田区霞が関で2019年、本橋和夫撮影

 広島県や広島市が発注する学校用パソコンの入札などで談合したとして、公正取引委員会は、NTT西日本(大阪市)など11社に対して独占禁止法違反(不当な取引制限)で再発防止を求める排除措置命令を出す方針を固めた。11社の多くに総額約5000万円の課徴金納付命令を出す模様だ。

 関係者によると、対象は他に大塚商会(東京都千代田区)や地元のソルコム(広島市)、呉電子計算センター(広島…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集