特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「語学力があれば…」 ポーランド派遣の学生ボランティア報告会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
避難民一時滞在施設でウクライナからきた子どもと交流する学生たち=ポーランドで(日本財団ボランティアセンター提供)
避難民一時滞在施設でウクライナからきた子どもと交流する学生たち=ポーランドで(日本財団ボランティアセンター提供)

 日本財団(東京都港区)は7日、ロシアに侵攻されたウクライナの避難民を支援するため、隣国のポーランドに派遣した学生ボランティアの報告会を東京都内で開いた。5~6月に派遣された学生25人が出席し写真を交えながら現地の状況を説明。「語学力があればもっと助けになれた」「困難な状況で与える側になれる人がいた」などと支援活動を通じて抱いた反省や気付きについても語った。

 学生たちは約2週間、ウクライナとの国境約10キロにあるポーランド南東部のプシェミシルや、欧州各国へ逃れる避難民が拠点とするクラクフに滞在。避難所で届いた支援物資を仕分けたり子どもと交流したりした。

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1175文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集