特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オミクロン派生型BA.5 従来型より感染力や病原性高い可能性

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのオミクロン株=国立感染症研究所提供
新型コロナウイルスのオミクロン株=国立感染症研究所提供

 国内でも感染が広がっている新型コロナウイルスのオミクロン株の派生型「BA・5」について、東京大などの研究チームは「ヒトの細胞や動物を使った実験では、現在主流になっている『BA・2』より肺で増えやすく、感染力だけでなく病原性も高い可能性がある」という見方を示している。

 研究チームが5月に発表した審査(査読)前の論文などによると、ヒトの肺の内部にある「肺胞」の上皮細胞を使った実験では「BA・5」は「BA・2」の18・3倍に増えていたことを確認したという。

 ハムスターに感染させた実験では、感染から3日後に肺の奥にある「肺末梢(まっしょう)」で「BA・5」由来のRNA(リボ核酸)の量が「BA・2」の5・7倍に上昇していた。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文761文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集