元「魔改造」投手コーチ、米で修業 千賀ら育成「もっと自分を高めたい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国でコーチ修業中の倉野信次さん。食べ物は「どれも好きなものばかり」という
米国でコーチ修業中の倉野信次さん。食べ物は「どれも好きなものばかり」という

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの投手コーチとして、球界屈指のエースとなった千賀滉大投手(29)ら多くの好投手を育てた倉野信次さん(47)は現在、米国で「コーチ修業」の真っ最中だ。昨年オフにソフトバンクを退団し、自費で単身渡米。米大リーグ・レンジャーズ傘下のマイナーリーグチームで本場の野球を肌で感じながら、目指すものがある。

 「僕は全てをリセットしてまでここに来ました。ここでいろいろなことを学ぶため、そして少しでも、どんなことでも力になりたいと思っています」。3月初旬、アリゾナ州でのスプリングキャンプのコーチミーティングで、倉野さんは自己紹介も兼ねたプレゼンテーションの最後をこう締めくくった。日本の球団から派遣されたコーチが米国のチームで学ぶことは多いが、自費での研修は珍しい。これには現地のコーチらも驚いたという。

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1420文字)

あわせて読みたい

ニュース特集