遺族ら平和への祈り 千葉空襲77年 追悼の集い /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
祈念碑の前で黙とうする遺族ら。千葉市立本町小学校の児童の短冊がかかったササも飾られた=同市中央区で2022年7月7日午、真田祐里撮影
祈念碑の前で黙とうする遺族ら。千葉市立本町小学校の児童の短冊がかかったササも飾られた=同市中央区で2022年7月7日午、真田祐里撮影

 太平洋戦争末期の1945年7月7日未明に千葉市街地が米軍に爆撃され1204人が死傷した千葉空襲から77年となる7日、同市中央区の亥鼻公園で追悼の集いがあった。遺族ら約20人が犠牲者の名前が刻まれた祈念碑の前に集まり、平和への祈りをささげた。

 祈念碑は、市民団体「ちば・戦争体験を伝える会」(千葉市)と「千葉市空襲と戦争を語る会」(同)のメンバーらが寄付を募り、2015年に建立した。あだ名や断片情報なども含…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

あわせて読みたい

ニュース特集