地方交付税、マイナカード普及率反映 茨城県知事が反発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大井川和彦・茨城県知事
大井川和彦・茨城県知事

 総務省が来年度からマイナンバーカードの普及率を地方交付税の配分に反映させる方針を示したことを受け、大井川和彦茨城県知事は6日の定例会見で「地方交付税は自治体の基礎財源。普及促進の材料とすべきではない」と反発した。

 同省は今年度末までにほぼ全国民へのカード交付を目指すが、6月1日時点の普及率は44・…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

あわせて読みたい

ニュース特集