特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

街頭演説、苦渋の選択 「言論の自由守りたい」が中止も 参院選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三元首相死亡について知らせる文字ニュース=東京都渋谷区で2022年7月8日午後6時19分、宮間俊樹撮影
安倍晋三元首相死亡について知らせる文字ニュース=東京都渋谷区で2022年7月8日午後6時19分、宮間俊樹撮影

 参院選の投開票を2日後に控えた中での安倍晋三元首相銃撃という凶行に、街頭演説する候補者からは党派を超えて怒りの声が上がった。演説を聞く有権者には衝撃や動揺が広がった。

 東京選挙区の自民党の新人候補は、一報が伝えられて間もない8日午後の都内での街頭演説で「こんなことがあっていいんでしょうか。安倍先生がいらっしゃったからこの選挙に挑戦しようと思った」と険しい表情で話した。陣営関係者は「明日は最後の遊説に駆けつけてもらう予定だった。こんなことになり信じられない」と話した。

 その後、自民党都連は8日の活動中止を通知した。現職候補の男性スタッフは「政治信条が違えども、どの候補もみんな言葉の力で戦い合っている中で絶対に許されない」と憤った。陣営幹部は「暴力に屈することなく言論の自由を守って戦いたい気持ちもある」と話した。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1286文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集