特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、街頭演説中の安倍晋三元首相が銃撃され、死亡しました。閣議決定された「国葬」にも疑念が……。

特集一覧

銃撃容疑者 自衛官時代に、小銃組み立てや射撃訓練を受けた可能性

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山上徹也容疑者宅のあるマンション(右奥)に爆発物などを警戒しながら家宅捜索に向かう捜査関係者ら=奈良市で2022年7月8日午後5時12分、滝川大貴撮影
山上徹也容疑者宅のあるマンション(右奥)に爆発物などを警戒しながら家宅捜索に向かう捜査関係者ら=奈良市で2022年7月8日午後5時12分、滝川大貴撮影

 参院選の街頭演説中だった安倍晋三元首相を銃撃したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された山上徹也容疑者(41)。奈良県警の取り調べに淡々と応じ、事件に使ったのは「手製」の銃だと供述。自宅からはビニールテープや配線が巻き付けられた同様の銃が押収され、山上容疑者が銃の製造を繰り返していた疑いが強まっている。ただ周囲との接点は乏しく、県警は生活実態の解明を進める。

 自宅はJR奈良駅近くの8階建てマンションの一室で、事件現場の約3キロ南東。住民の男性によると、同じ階の部屋は6畳で家賃は月3万8000円。学生や単身赴任者が多く、住民同士の付き合いはほとんどないという。複数の住民は山上容疑者について「知らない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文899文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集