特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

安倍氏銃撃容疑者「恨みある宗教団体とつながりあると思い襲った」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山上徹也容疑者宅のあるマンションから爆発の可能性のある証拠品などを押収する捜査関係者=奈良市で2022年7月8日午後7時22分、滝川大貴撮影
山上徹也容疑者宅のあるマンションから爆発の可能性のある証拠品などを押収する捜査関係者=奈良市で2022年7月8日午後7時22分、滝川大貴撮影

 8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅周辺で、参院選の街頭演説中だった安倍晋三元首相(67)が銃撃された。安倍氏は心肺停止状態で奈良県立医科大付属病院に救急搬送されたが、同日午後5時3分に死亡が確認された。安倍氏は頸部(けいぶ)と左肩に撃たれた傷が計3カ所あり、失血死とみられる。奈良県警は現場にいた無職の山上徹也容疑者(41)=奈良市大宮町3=を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 捜査関係者によると、山上容疑者は容疑を認め、「特定の宗教団体に恨みがあり、安倍氏が団体とつながりがあると思い込んで襲った。安倍氏の政治信条に恨みはなかった」と供述していることが判明した。県警は動機の解明を急ぐとともに、容疑を殺人に切り替えて奈良西署に捜査本部を設置した。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文917文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集