特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、街頭演説中の安倍晋三元首相が銃撃され、死亡しました。閣議決定された「国葬」にも疑念が……。

特集一覧

安倍氏銃撃容疑者宅の拳銃押収、事件の手製拳銃と類似 周到に準備か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山上徹也容疑者宅のあるマンションから銃火器のようなものを押収する捜査関係者=奈良市で2022年7月8日午後7時22分、滝川大貴撮影
山上徹也容疑者宅のあるマンションから銃火器のようなものを押収する捜査関係者=奈良市で2022年7月8日午後7時22分、滝川大貴撮影

 奈良市で街頭演説中だった安倍晋三元首相(67)が銃撃されて死亡した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された山上徹也容疑者(41)宅から奈良県警が押収した手製拳銃のようなもの数丁が、いずれも安倍氏の銃撃事件に使われた手製拳銃と類似したものだったことが捜査関係者の話で判明した。県警は、山上容疑者が銃撃事件を周到に準備していた可能性があるとみて、押収した手製銃器類の製造経緯や殺傷能力の有無などを調べる。

 県警によると、事件を受けて8日夜に行われた山上容疑者宅の捜索では、マンションの一室のリビング部分で手製拳銃のようなもの数丁が押収された。一部はむき出しの状態で室内に置いてあったという。事件で使われた手製拳銃は銃身の長さが約40センチだったが、いずれもこれと似たサイズだったという。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1156文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集