特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

各党党首「テロに屈しない」 安倍氏銃撃で言及、喪章つけ演説

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
街頭演説会場を取り囲むように警察官らが警備する中、候補者や党首とともに気勢をあげる有権者ら=新潟市秋葉区で2022年7月9日午後6時4分、和田大典撮影(画像の一部を加工しています)
街頭演説会場を取り囲むように警察官らが警備する中、候補者や党首とともに気勢をあげる有権者ら=新潟市秋葉区で2022年7月9日午後6時4分、和田大典撮影(画像の一部を加工しています)

 与野党の各党首は9日、参院選の街頭演説で、安倍晋三元首相が銃撃されて死亡した事件に言及し、「テロに屈しない」などと訴えた。事件が発生した8日は共産、れいわ新選組、社民3党を除く各党党首が急きょ遊説を取りやめたが、9日は再開した。

 岸田文雄首相(自民党総裁)は山梨県富士吉田市で、左腕に喪章をつけて演説した。遊説を中止すべきだとの意見もあったと明かした上で「安倍元首相の思いを受け止め、民主主義を守るために、参院選を自由で公正で安全な形で完結させる責任が私にはある」と語った。立憲民主党の泉健太代表は福島市で「強い喪失感というか、昨日まで戦っていた大きな政治家が今はこの世にいないことを大変重く受け止めてい…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文759文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集